声は人格です

話す、歌う、生きる、愛する ことは同じである
☆ 体は過去を記憶している 音によって自分の体を見つめ直すことができる
☆ 自分を愛するということは自分の体のすべてを否定しない(すべてを受け入
れること)

自分が話していて心地良いと思う音が良い声です

☆ 自他共に疲れない
☆ エネルギーを与える声
☆ コミュニケーションを図れる声

発話時の声の重要性(アメリカの統計)

声 50% 動作 30% 内容 20%

人に届く声

☆ リラックス・深い呼吸・自分を内観し、骨の振動を感じながら話す
☆ 客観性と立体観を持ち、落ち着いて対処する
☆ 自分がどのような空間に存在しているかで対応が違ってくる
(場の空気を読む)

音は右耳を優先して聴く

右耳-弓 左耳-楽器 ヴァイオリン