アルフレッド・トマティス博士

1920年フランスのニースに生れる。

パリ大学医学部耳鼻咽喉科卒業。
聴覚、心理学、音声学を専門とする。

1947年に聴覚と発声の相関関係を明らかにした理論を確立。
1957年、この理論はトマティス効果としてフランス科学アカデミーおよびパリの医学アカデミーに登録され、聴覚およびコミュニケーション障害のリハビリ技術の基礎となった。

フランス労働省、海軍工廠省などに勤務の他、パリ人類学学院、パリ臨床心理学院、英国系大学にて教鞭を取る。

2001年 12月 没

 

トマティス博士の自伝を順次公開していきます。

耳と人生