ボイスセミナー“心にとどく声”(神戸)

2007年より年2回 日原先生の「声」についてのセミナーを開催しております。

現在トレーニング中の方やトマティスメソッドをご存知ない方を対象に開催しておりますが、姿勢を変えるとどんな方でも声がかわるという実体験をしていただきますとみなさんビックリされます。

以後、トマティスのトレーニングやCAVの講習会への参加希望が増えています。

 

2010.5.1 感想

今回も定員30名で開催しましたが、ほとんどの方から感想をいただきました。
その一部を掲載します。

♪ 昨年ゴールデンウィークにCAVを受講して以来、トマティスメソッドの記憶を忘れかけていましたが、今日のセミナーでよみがえってきました。
今日からは基本のハミングを毎日実践し、心にとどく声を体得できるよう骨導音で仕事や日常生活・コミュニケーションを楽しんでまいりたいと思います。本当にありがとうございました。

♪ 耳の事を全然知らなかった事がわかった。骨を使った発声、とても勉強になった。
少し、自分でもやってみようと思う。

♪ 発声の方法論がよく判って大変よかったです。愛を持って暮らしたいと思います。

♪ 息が流れるということは、力があるというか、伝わることだなという発想はいつもあったのですが、「骨にひびかせる」ということと「自分の声を自分の身体のどの位置で聞いているか」という意識はこれまでしたことがなく、とても驚きました。
ハミングを毎日落ち着いてやってみようと思います。

♪ とてもおもしろかったです。
理解できたような、わかるようでわからないような、難しい所もありましたが、先生の声の変化、ここち良さをとても感じました。自分も出せるようになりたいです。

♪ 期待以上でした。家族間、友人と職場で・・声を出す機会を再認識しました。
私は、子供の頃から声が大きいと言われています。意識して、相手に心地よい声だと思われるよう、日々チャレンジしてみようと思います。 ありがとうございました。

♪ 耳がはたしてくれている事のはばがとても広くて、大切な役割をしてくれていることや伝わる声とただ口から出す音との違いなどくわしく話して頂きありがとうございました。生きていく上で前を向いて歩いていけるお言葉もたくさん聞けたのがうれしかったです。

♪ 何度もお聞きしたお話ですが、やはり今日も新鮮でした。
特に、朗読されている人の声が変わっていくのは楽しくてなりません。
今日、一番心の中に残ったのは「否定しない、全てをまず受け入れる」ということ。

♪ 久しぶりに聞かせていただきました。
殆ど忘れていたようですが、2度目なのでカンドコロは理解出来たように思います。

♪ 参加させて頂いてとても良かったです。
今後の私の仕事にとても役に立てると思います。また、機会があれば参加させていただきたいと思います。

♪ 和太鼓をやっておりますが、良い演奏をするには“自分自身が響くこと”とよく言われます。今日の骨導のお話とつながってきて驚きです。そして、自分自身を客観的に見つめること。また、内観をすること。今後の演奏にとても活かせそうな気がしました。
どうもありがとうございました。

♪ 声を実際に出す。聞き比べることが理解しやすくよかったです。
自分で出来るようになりたいと強く感じました。
“骨から骨へ伝える”“愛を持って伝える”いいお言葉をいただきました。
ありがとうございました。