※第2章以降も、いずれ公開したいと考えています。